サイト内に広告を掲載していることがあります

レーザー距離計の最大測定距離が大事な2つの理由

レーザー距離計の選び方

レーザー距離計は色々なメーカーが発売していて、種類が豊富にあります。

機器としても、カメラに似ている点、ゴルフならではの特殊な使い方がある点から、機能やスペックも初めての方には取っ付きにくさがあります。

その中で、最も基本的なスペックである「最大測定距離」について、使い勝手を左右するとても重要な理由について解説します。

この点を抑えておくことで、より後悔しないレーザー距離計選びにつながります。

最大計測距離とは?

レーザー距離計の最も分かりやすいスペックは、最大計測距離です。

最大でどれぐらい遠くまで測れるかを表しています。

車で言えば最高速度のようなものです。

ゴルフ用のレーザー距離計は、この最大計測距離に結構な差があります。

例えば、ゴルフレーザー距離計では人気のShotNaviのモデルで見てみましょう。

機種 発売年 測定距離
ELUA 2023年5月 1,312yd
nano 2021年12月 1,093yd
X1 Fit2 1000 2021年7月 1,093yd
X1 Fit 2020年4月 600yd
X1 2018年7月 500yd

500~1300ヤードまで実に倍以上の差があります。

業界全体で見ても、年々最大測定距離は1,000ヤードに近づいてきていますが、少し古いモデルになると500ヤード、600ヤードといった低スペックも存在しています。

ここで、500ヤードという数字をみて、そんなに長い距離の測定が必要か?と疑問を感じられた方もいると思います。

「200ヤードしか飛ばないから、そんなに測れなくても良い。」

「ロングホールでも600ヤードあれば足りる。」

確かな意見に思えそうですが、実は最大測定距離は大きければ大きいに越したことはありません。

最大測定距離の大きさが、何故、重量なのかについて、2つの理由を解説します。

理由1:最大測定距離の大きさが、測りやすさを左右する

同じ距離を測定する場合、スペックが十分なものとギリギリのものでは、測りやすさに違いがあります。

これは車の最大速度で考えると、とても分かりやすいです。

最大速度が100キロの軽トラと200キロのスポーツカーでは、どちらが100キロの高速道路を走りやすいでしょうか?

スペックが良い程、タスクをこなすのは容易になり、操作していてストレスも少なくすみます。

理由2:ゴルフならではの使い方

そして、ゴルフのレーザー距離計では、もう一つ重大な理由があります。

ゴルフ用のレーザー距離計には、筆者が知る限りほぼ全てのモデルにピンサーチ機能が搭載されています。

出典:Amazon

これは、ピンまでの距離を測定するために、細いピンフラッグにレーザーを照射しやすくするための機能です。

この機能は、最大測定距離まで使えるわけではなく、有効射程距離が3~4割に落ちると言われています。

ピンサーチでは有効射程距離がどれぐらいまで下がるかは、殆どのメーカーがスペックを公開していませんが、レーザー距離計の分野ではブランド力のあるニコンは丁寧に公開されています。

モデル 通常測定の
最大測定距離
ピンサーチの
最大測定距離
低下率
PROⅡ STABILIZED 1,200yd 500yd 約42%
LITE STABILIZED 1,200yd 500yd 約42%
50i 1,200yd 400yd 約33%
20i GⅡ 800yd 300yd 約38%

ニコンのレーザー距離計は、通常の最大測定距離が800ヤード・1200ヤードと優れています。そして、ピンサーチについては、300~500ヤードとなっています。

ピンサーチになると33~42%に低下することが分かります。

業界の雄であるニコンでさえも半分以下となりますので、これが無名ブランドの廉価モデルとなると想像が難しくなりますが、口コミなどでは150~200ヤードといった数字を目にすることがあります。

最大測定距離は、どれぐらい必要か?

ここまで最大測定距離のスペックの重要さについて、2つの理由を挙げて解説しました。

重要さが分かったとことで、実際にどのぐらいのスペックが必要になるかです。

結論から先に言いますと、最大測定距離は800ヤードを推奨します。もう少し細かく言うと、飛ばし屋でない標準的な方は700ヤード、飛ばし屋の方は1000ヤードは欲しいところです。

まず、そもそものロングホールの長さですが、日本では900ヤード超という化け物的なコースもありますが、一般的にはバックティーでも600ヤード見れば十分です。

次に、ピンサーチ測定の距離ですが、これはグリーンまでのアバウトな距離ではなく、精緻にピンまでの距離が知りたい場面と考えると、200~250ヤードあれば十分だと思います。

ピンサーチでは有効測定距離が30%低下すると考えた場合、ピンサーチで200ヤード欲しい方は約700ヤード、300ヤード欲しい方は1,000ヤードとなります。

まとめ

ゴルフのレーザー距離計の最大測定距離について、この性能が重要な2つの理由と、どれぐらいのスペックが必要かについて解説しました。

最近のモデルは廉価版でも1000ヤードに達するものが増えてきていますが、少し前のモデルになると500ヤード、600ヤードというものがありません。

ご自分が飛ばし屋かどうかでも、必要なスペックは変わってきますので、最低限必要なスペックを把握した上で選ぶことをオススメします。

【2万円で買える】ゴルフ レーザー距離計のおすすめランキング【2024年】
2万円で買えるゴルフ用のレーザー距離計で、おすすめのモデルをランキングで紹介します。モデルの選定・順位付けに当たっては、価格だけでなく機能・性能面の充実度を踏まえています。各モデルでそれぞれに秀でた特徴もありますので、是非、購入の参考にして...
レーザー距離計 ①絶対欲しい機能・②あると便利な機能!徹底解説
レーザー距離計は外観こそどれも似ていますが、価格に大きな幅があるように、搭載されている機能にも大きな差があります。本記事では、レーザー距離計に搭載されている主な機能について、①絶対欲しい3つの機能②あると便利な5つの機能の2つに分けて詳しく...

 

タイトルとURLをコピーしました